宅建主任者法定講習

ホーム > 宅地建物取引士|宅地建物取引士法定講習

宅建おすすめコンテンツ

宅地建物取引士法定講習

「宅地建物取引主任者」の「宅地建物取引士」への名称変更について

 「宅地建物取引主任者」を「宅地建物取引士」に名称変更すること等を内容とする、『宅地建物取引業法の一部を改正する法律』が平成27年4月1日より施行されます。
 これに伴い、法定講習の実施要領が一部改正となり、以下の点が変更となりました。

1.名称の変更
 「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」に名称変更され、「宅地建物取引主任者証」は「宅地建物取引士証」となり、27年4月1日以降の新規交付者及び、27年4月1日以降に実施される法定講習の受講者に「宅地建物取引士証」が交付されます。
 なお、有効期限が27年4月1日以降の「宅地建物取引主任者証」については、経過措置によって「宅地建物取引士証」とみなされ、次回更新まで有効です。特別な手続きの必要はなく、そのまま使用できます(登録番号の変更はありません)。
  また、「宅地建物取引主任者証」を更新前に「宅地建物取引士証」へ変更したい場合は、切替交付の申請(有料)が必要です。詳細はこちらです。
2.法定講習の講習時間及び受講料の変更
 平成27年4月1日以降に実施される法定講習は、「宅地建物取引士の使命と役割に関する事項」と「講習の実効性を高めるための受講者参加型の講義」が追加されることにより、講習時間の延長及び受講料が増額されます。
(1)講習時間
  1時間の延長。 【受付時間 9時30分〜9時55分 講習時間 9時55分〜17時00分】
(2)受講料
  「11,000円」を「12,000円」に増額。

 宅地建物取引士証の有効期限は5年間です。更新をするには法定講習を受講しなければなりません。また、試験合格から1年以上経ってる場合や、有効期限が切れていて新たに交付を希望する場合も同様です。
 受講にあたっては事前の申し込みが必要です。申込書をお持ちでない方は宅建協会までご連絡ください。なお、更新をしなくても、登録は無効になりません。

法定講習問合せ・申込先

法定講習受講希望の方は、お近くの宅建協会までご連絡ください。

法定講習申込手続等

法定講習の申込手続等の詳しい説明や会場のご案内です。

法定講習日程・時間割

法定講習の日程及び時間割や注意事項です。

「宅地建物取引士証」への切替交付の申請について

「宅地建物取引主任者証」を更新前に「宅地建物取引士証」へ変更したい場合の手続き方法です。(有料)

このページの先頭へ